STEM Academy
3Dプリンティング・デザイン

小学生向けクラス

このクラスでは、未来のエンジニアを育成するために、3Dオブジェクトを設計し、
現実世界の問題を解決する方法を学びます。また、クリティカルシンキングや研究、
アイデアの可視化などのSTEMスキルも学びます。

クラス定員 10名 ※最少開講人数3名
レッスン時間 60分
言語 英語
教材 3Dプリンター、工作材料、ノートPC
持ち物 筆記用具、室内履き、水筒
レッスン内容 3Dオブジェクトの設計と製作
料金 入会金 ¥20,000
年会費 ¥10,000/年
教材費 ¥14,000/年
端末使用料 ¥500/月
授業料 ¥10,000/月
開講日
開講スクール
毎週木曜日16:00-17:00/白金台校

 3Dプリンティング・デザインアフタースクールとは

3Dプリンターを使うことで私たちは頭の中のアイデアを形にする事が可能になり、製品設計のアイデアの試作やテストに役立ちます。3D空間内で仮想の物体設計を学ぶことで、生徒は空間的意識と論理的思考を向上することができます。

プリントされたプロジェクトを他の要素(簡単な電子機器など)と並行して使用することで、生徒は複数ステップの工程をより詳細に理解できます。
また、問題を解決するのための何かを作る事で、生徒の問題解決スキルの向上にもつながります。

 プロジェクト紹介

LEDロケット 3Dライトボックス キーホルダー
真ん中に電池式の小さなLEDが入るスペースロケット。自ら設計して作ってみよう! LEDと電池が入るライトボックス。3Dプリンターで機能的な製品を作れる事を体感しよう! 生徒が選択したデザインに生徒の名前が書かれたカスタムキーホルダー。
プロジェクトの進め方
これらのプロジェクトは以下のステージに沿って進めていきます。

①ブレインストーム:
望ましいソリューションを創り出すために重要なことは何かを考えます。

②プランニング:
必要とされる形やブロック、プリンターでの配置方法を慎重に選択します。

③レンダーリング/プリント:
必要に応じて、追加のサポートをして3Dプリントを慎重に構築していきます。

④組み立て:
プリントされた部品を取り出し、LEDや電池などの追加部品と一緒に組み立てます。

⑤フィードバック:
皆で完成品について話し合い、全体的なデザインの改善に向けた代替案を考えます。

 タイムテーブル

時間 アクティビティ内容 3Dデザイン
ブレインストーム~レンダーリング
プロトタイプの構築
組み立て
:00-:05
(5分)
Review/Introduction 前回の授業内容と本日取り組む内容を確認します。 前回の授業内容と本日取り組む内容を確認します。
:05-:30
(25分)
Create / Prepare CADソフトウェアで形やブロックの設計と組み立てを開始します。 完成品を組み立てるために必要な部品を準備します。
:30-:45
(15分)
Render / Assemble 必要に応じて、サポート(支柱)/ラフト(印刷用プレート)/ブリム(縁)付きのプリント用骨組みを準備します。 印刷されたモデルに全ての部品をインストールします。
:45-:55
(10分)
Optimise / Troubleshoot プリントの最適化と無駄を最小限にする為、部品のレイアウトを調整します。 問題がないかを確認し、完成したモデルを綺麗にします。
:55-1:00
(5分)
Pack-up コンピューターをシャットダウンし、帰宅準備をします。 作業部屋を片付け、帰宅準備をします。

お問い合わせ

受付時間:平日9:30~18:00