STEM Academy
IchigoJam

小学生向けコース 【日本語のみ】

IchigoJam基盤とキーボード、小さなモニターから成る自分だけのパソコンを使用して、初心者向けプログラミング言語“BASIC”でプログラミングを学習します。
テキストの課題やゲーム作りを通して、本格的にプログラミングを学ぶ事ができます。
各章で行うゲーム作りを繰り返す事で、キーボード入力などが自然に身に付き、理解が進むとゲームを改造する発想などが生まれ想像力が身に付いてきます。

クラス定員 10名 ※最小開講人数 3名
レッスン時間 90分
言語 日本語
教材 IchigoJam基盤と周辺機器、テキスト、副教材テキスト
持ち物 筆記用具、室内履き、水筒
レッスン内容 BASIC言語を使ったゲーム作り
料金 入会金 20,000円
年会費 10,000円/年
教材費 11,000円/年
授業料 15,000円/月
開講日
開講スクール
毎週火曜日16:00-17:30/白金台校
毎週土曜日14:15-15:45/武蔵小杉校

 IchigoJamとは

手のひらにのせられる大きさの、プログラミング専用こどもパソコンです。IchigoJamにテレビとキーボードをつなげば、すぐにプログラミングを始められます。インターネットへの接続や難しい設定は必要ありません。
初心者向けプログラミング言語BASICを使っているので、事前にプログラミングの高度な知識や技術を学ぶ必要はなく、気軽にプログラミングを体験できます。

 プロジェクト紹介

シューティングゲーム 対戦格闘ゲーム ブロック崩し
左右に移動するUFOをキーボードを操作して撃ち落します。矢印キーを押すと左右に移動し、スペースキーを押すとビームを発射します。昔ながらのシューティングゲームを自分で作って遊んでみよう♪ 2台のIchigoJamをジャンパー線で繋ぐ小さなネットワークを作る事が出来ます。一方のIchigoJamからメッセージを送り、もう一方のIchigoJamでそのメッセージを受け取ります。2台だけの小さなネットワークで初歩的なネットワークの仕組みを理解する事ができます。 画面上部一体にあるブロックをキーボードを操作して崩していきます。時間設定のコーディングを修正して制限時間も調整します。沢山のブロックを崩して高得点を狙いましょう!
プロジェクトの進め方
毎回のレッスンでは1回完結の様々なプロジェクトに取り組みます。
1年のレッスンを通して、以下の流れでIchigoJamのプログラミングを学びます。

(1) プログラムの入門として広く使用されているプログラミング言語”BASIC”に触れます。

(2) 毎週のプロジェクトの問題や課題に取り組みます。

(3) そのプロジェクトのゲーム作りや改造を繰り返し行います。

(4) 1つのゲームを教材とし、BASIC言語で作られたプログラム(コマンド)を理解していきます。

(5) 最終プロジェクトとしてオリジナルゲームプラン(ゲーム内容)を考え、実際にゲームを作成します。

 タイムテーブル

時間 アクティビティ内容 詳細
:00-:05
(5分)
Introduction IchigoJamと周辺機器を準備して、本日のレッスンの内容を確認します。
:05-:10
(5分)
テキスト・解説 テキストを見ながら本日取り組む内容についての説明を聞こう。
:10-:30
(20分)
Lesson まずはテキスト通りにコマンドを入力してみよう!
:30-:40
(10分)
解説 入力したコマンドの解説を聞こう。
:40-1:00
(20分)
課題 テキストを見ながら課題に挑戦!
1:00-1:05
(5分)
Break 水分補給・トイレ休憩
1:05-1:25
(20分)
課題の答え合わせ 答え合わせをしよう。
1:25-1:30
(5分)
Pack up IchigoJamを決まった位置に片づけます。

お問い合わせ

受付時間:平日9:30~18:00