Contact
News

STEAM Summer School 2022

2022.03.21
Information
Event

Mars. The Red Planet. Cold. Barren. Desolate. Yet it may be mankind’s best hope for deep-space exploration and future survival. 

This year’s summer voyage of discovery will transport you from our humble beginnings here on Earth to the futuristic colonization of our closest planetary neighbor. 

火星。それは 赤い惑星であり、気温は氷点下の 不毛で荒廃した場所。しかし、その火星は人類が深宇宙探査を行い、人類が生き残るための最良の希望となるかもしれない。

今年の夏の大冒険では、私たちの始まりの地である地球から、最も近い惑星である火星の植民地化計画へ共に踏み出しましょう!

 

【Laurus Student 内部生】

【Non-Laurus Student 外部生】

 

*Payment must be received within two weeks of registration.

※お申し込み後、2週間以内にご入金をお願いいたします。

 

Week 1(7/18-22): Mission to Mars

Week 2(7/25 – 29): Mission Exploration

Week 3(8/1 – 5): Mission Resources

Week 4(8/8 – 12): Mission Nutrition

Week 5 (8/15 – 19): Mission Habitation

Week 6(8/22 – 26): Mission Martian

 

Primary students grade 1st – 8th

小学生~中学2年生
※小学1年生の方は2015年4月2日~2016年4月1日生まれの方が対象です。

 

Grade 5 and above students work on more developed content on the same topics.

Grade 5以上の生徒は同じテーマでより発展的な内容に取り組みます。

 

Every Monday is the first day of summer school week and we will have an orientation session, so please arrive at the school at 9.30am.

From the second day onwards, please arrive at the school after 9:50am. (For regular course students)

 

毎週月曜日は初日ですのでオリエンテーションを行いますので、9:30にスクールにお越しください。

2日目以降は9:50以降にスクールにお越しください。(レギュラーコースの生徒)

 

Summer School 2022 Timetable

Week 1

Week 2

Week 3

Week 4

Week 5

Week 6

 

2005年東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業し、同年9 月よりマサチューセッツ工科大学(MIT)に留学。2012年に同航空宇宙工学科博士課程および技術政策プログラム修士課程修了。2012年4月より2013年3月まで慶応義塾大学理工学部助教。2013年5月より現職。主な著書は『宇宙に命はあるのか』『宇宙の話をしよう』(SB新書)『宇宙を目指して海を渡る』(東洋経済新報社)。火星探査車マーズ2020 ローバーやエンセラドス探査ロボットなどの人工知能アルゴリズムの開発の他、将来の宇宙探査機の自律化に向けた様々な研究を行なっている。阪神ファン。好物はたくあん。
Masahiro (Hiro) Ono is a Group Leader of the Robotic Surface Mobility Group at NASA Jet Propulsion Laboratory. As a member of the Mars 2020 Rover (M2020) Mission, he is supporting the tactical mobility operation. Previously, he developed M2020’s autonomous driving algorithm and also led the landing site traversability analysis. He is also the PI of the JNEXT EELS project. His research interest is centered around the application of robotic autonomy to space exploration, with an emphasis on machine learning applications to perception, data interpretation, and decision making. Before joining JPL in 2013, he was an assistant professor at Keio University in Japan. He graduated from MIT with PhD in Aeronautics and Astronautics in 2012. Father of a 6-year-old princess. Go Red Sox and Hanshin Tigers.

 

稲石卓也さん
2008年から株式会社植松電機に勤務。ものづくり、宇宙開発含む研究開発事業、教育事業など事業全般に携わる。
現在は「宇宙」を題材にして新たに人を育む教育プロジェクトを立ち上げ、小型ロケットを使った教室を中心にSTEAM教育など

実践的な教育カリキュラムを全国で展開している。

 

Mr. Takuya Inaishi

Since 2008, he has worked for Uematsu Electric Co. He has been involved in all aspects of the business, including manufacturing,
research and development projects including space development, and education projects.
Currently, he has launched a new educational project on the subject of ‘space’ to nurture people, and

is developing practical educational curricula such as STEAM education nationwide, with a focus on classrooms using small rockets.

 

 

 

倉重亜衣さん
現在では広報(公式S N S運用、広報誌作成)及び教育事業に携わっている。
一方で、自信と可能性が奪われない社会の実現のために「ロケット教室」を全国展開するための仕組みづくりを担当している。

 

Ms. Ai Kurashige
At present, she is involved in public relations (official S N S operation, creation of public relations magazines) and educational projects.
At the same time, she is in charge of creating a system for the nationwide expansion of the ‘Rocket Classroom’ to realise a society where people are not deprived of confidence and potential.

 

 

 

 

 

大野卓也さん

1993年神戸大学大学院工学研究科建築学専攻修士。

1993年鹿島建設入社、設計・エンジニアリング総事業本部。

2020年より京都大学大学院総合生存学館非常勤講師。

2021年より京都大学大学院総合生存学館SIC有人宇宙学研究センター SIC特任准教授

2022年7月より鹿島建設技術研究所 上席研究員(兼務)

 

わたしは、ちいさいころから宇宙にすむことをかんがえてきました。

月や火星でちいさい重力でせいかつすると地球にもどれなくなっちゃうではないかと心配していました。

そこで回転を利用して、重力をつくることをかんがえてきました。

未来に人間がすむかもしれない世界をみなさんにご紹介いたします。

ワークショップではみなさんで宇宙につれていきたいどうぶつ・しょくぶつを考えてみますよ。

 

Mr. Takuya Ohno

Master of Architecture, Graduate School of Engineering, Kobe University, 1993.

Joined Kajima Corporation in 1993, Design and Engineering General Division.

Part-time lecturer at Kyoto University Graduate School of Integrated Ars Vivendi from 2020.

From 2021, Specially Appointed Associate Professor, SIC Research Centre for Manned Space Studies, SIC, Graduate School of Integrated Ars Vivendi, Kyoto University.

From July 2022, Senior Researcher, Kajima Institute of Construction Technology (concurrent post).

I have thought about living in space since I was a small child.

I was worried that if I lived on the Moon or Mars in small gravity, I would not be able to return to Earth.

So I have been thinking about using rotation to create gravity.

I would like to introduce to you a world where humans might live in the future.

In the workshop, you can think of animals and plants you would like to take to space.

 

 

クリストファーアルトマン博士

Dr. Christopher Altman

 

NASAで訓練を受けた宇宙飛行士で物理学者でもあるアルトマン博士に今年はオンラインでご登壇いただきます!
以前、ローラスにもご訪問いただきましたアルトマン博士は子どもたちに大人気!
今回は宇宙に行く前にどのようなトレーニングを受けるのか、実際に受けた博士の体験談を交えて聞けるチャンスです。お楽しみに♪

 

We’re pleased to welcome NASA-trained astronaut and physicist Dr Altmann, who will be speaking to us online this year!
Dr Altman, who has visited Laurus before, is a firm favourite with children!
This is your chance to hear about the kind of training they undergo before going into space, and to hear about Dr Altmann’s actual experiences. Enjoy!

 

 

永田晃大さん
兵庫県、神戸出身。2017年筑波大学工学システム学類卒。 これまで3機の超小型人工衛星を開発(うち1機は、プロマネ兼テックリード)。 JAXA研究室では次世代天文観測衛星の熱制御技術を研究。 ハード/ソフト双方に明るく、衛星全体設計から構造設計・熱解析・基盤設計・組込み開発まで幅広く担当。 衛星間光通信/超小型衛星開発/宇宙機熱制御/組込み開発が専門。地球外生命体の発見を人生の目標としている。 株式会社ワープスペースの創業メンバーで、現在最高技術責任者。

 

Mr. Akihiro Nagata

Born in Kobe, Hyogo, Japan, he graduated from the University of Tsukuba in 2017 with a bachelor’s degree in Engineering Systems.
He has developed three nano-satellites, one of them as a pro-manager and tech lead.
At the JAXA laboratory, he researched thermal control technology for next-generation astronomical observation satellites.
He is a specialist in hardware and software. He is in charge of many projects, from overall satellite design to structural design, thermal analysis, infrastructure design, and embedded development.
He specializes in inter-satellite optical communication, nano-satellite development, spacecraft thermal control, and embedded development.
His life goal is to discover extraterrestrial life.
He is a founding member and currently the Chief Technology Officer of WARPSPACE.

 

Week 1: 18-22 July

Week 2: 25-29 July

Week 3: 1-5 August

Week 4: 8-12 August

Week 5: 15-19 August

Week 6: 22-26 August

 

✔Regular-course / 10:00 am – 3:30 pm
✔Early Arrival course / 8:30 am– 3:30 pm

 

-Please put your child’s name on all their belongings.

-Drink (water bottle), spoon, fork and/or chopsticks, indoor shoes, cap, and a pack of paper towels.

<For food-allergic students >

We will not be able to serve non-allergic lunch. Please bring your own lunch.

We cannot accept students who need an Epinephrine auto-injector (epi-pen).

<For non-members>

A copy of Insurance card & free medical care certificates and a photo of your child (Please upload by our application form.)

  

・持ち物全てに英語で記名をお願い致します。

・飲み物(水筒)、スプーン、フォーク、箸など、上履き、ハンドペーパー

<アレルギーのあるお子様>

アレルギー対応のランチをご提供いたしかねますので、ご自宅より必ずお弁当をお持ち頂けます様お願い致します。

エピペンの使用が必要な生徒様をお預かりする事ができません。

<外部生の方>

保険証・医療証のコピー1部、お子様の顔が分かるスナップ写真を応募フォームよりアップロードください。

 

Payment is by convenience store transfer only.

Please note that this service is available at the following convenience stores:

Seven eleven, Family mart, Ministop, Seicomart, Lawson and Multimedia Kiosks

 

お支払いはコンビニ振込のみとなっております。なお、以下のコンビニでご利用いただけます。

セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、セコマ(セイコーマート)、ローソン、 MMK設置店

 

 

①Before payment

You will receive a SMS from My Payment on your mobile number that you submitted.

②On payment

Tap the URL and press [OK] to proceed.

Please turn the brightness of the barcode screen to maximum. Please show the barcode to the staff at the convenience store to pay.

Payment must be made in cash only.

 

①支払い前

マイペイメントよりご登録の携帯番号宛にショートメッセージが届きます。

②支払い時

URLをタップし【OK】を押して進みます。

バーコード画面の明るさを最大にしてください。バーコードをコンビニエンスストアのスタッフに見せてお支払いください。支払いは現金のみです。

 

You can see the details from this website (Only Japanese)

詳細はこちらのサイトからご確認いただけます

http://www.mypayment.jp/user/howto.html

 

 

-For Laurus students: The participation fee will be deducted from your bank account.

-Non-Laurus students: The deadline is Monday, 11 JulyPlease complete your application & payment by this date.

-在校生の方: お手続きいただきました口座より引き落としさせていただきます。

-外部生の方: 締め切りは【7/11(月)まで】です。申し込み&支払いをこの日までに完了してください。

 

*A cancellation / Changing fee of 1,000 yen will be charged.

※キャンセル/ 変更手数料として、1,000円頂戴しております。

 

*It is not possible to make changes or receive a refund after the closing date.

※締切日以降は、コース変更および返金は致しかねます。

 

Q1. 子供は英語が全く、もしくはほとんど話せませんが、スクールの参加はできますか?

A1. 授業はすべて英語で行われます。単語や会話の理解ができるレベルでのご参加をお勧めいたします。基本的に日本語でのサポートは行っておりません。

 

Q2. クラス分けはどのように行われますか?

A2. 年齢、クラスの生徒数によって、クラス分けをさせていただきます。

※クラスは先生の判断により移動する可能性もございますので、予めご了承下さいませ。

※全ての方のクラス移動に関するご要望はお受けすることが難しい場合もございますので、ご理解くださいませ。

 

Q3. どのような授業ですか?
A3. 週ごとに決まったテーマに沿って、STEMのレッスンを行います。

 

Q4. 事前見学は可能ですか?

A4. 恐れ入りますが、事前見学は難しい場合もございます。また、プログラム期間中の見学はお受けできかねます。一度初等部までお問合せください。(電話:03-6722-6310、メール:primary@laurus-school.com)

 

Q.5 バスの送り迎えはありますか?

A.5 バスの送迎がございます。尚、スクールバスのご利用は参加される5日間は固定となりますので、ご了承くださいませ。(単日でのご利用は承っておりません。)また、バス利用に伴い、延長料金が発生いたしますので、詳しくは申込フォームをご確認ください。

 

Q.6 週の途中でバス停の変更は可能ですか?
A.6 恐れ入りますが、同じ週の中で異なるバス停のご利用はできません。

 

Q.7 バス停を新たに作ってもらう事は可能ですか?

A.7 プログラム期間中のバス停の新設はお受けできかねますのでご了承くださいませ。

 

Q.8 車で送り迎えは可能ですか?
A.8 お車での送迎は可能ですが、学校前に駐車または一時駐車はご遠慮頂いております。近くのコインパーキングに駐車をして頂き、お子様を学校まで送迎して頂きますよう、お願いいたします。

 

Q.9 期間中、一日だけ早退できますか?

A.9 恐れ入りますが、基本的に早退はお断りしております。

 

Q.10 支払いはいつすれば良いですか?
A.10 申し込みが完了いたしましたら、スクールより請求書をメールでお送りいたします。ご入金が確認できた時点で、参加受付が完了いたします。尚、現金でのお支払いは承っておりませんのでご了承下さい。

 

Q.11 延長料金は先払いですか?後払いですか?
A.11  延長料金は実際の延長時間をもとに後日請求となります。後日スクールより請求金額のお知らせが届きますので、ご確認をお願いいたします。

 

Q.12 スクールをお休みしました。休んだ日数分の返金をしてもらえますか?

A.12 恐れ入りますが、欠席に伴う返金は致しかねますので予めご了承下さい。

 

Q.13  生徒用のレンジ等はありますか?

Q.13  当校には、生徒用のレンジはございません。また、個別にランチを温めるサービスは行っておりませんのでご了承下さい。

 

Q.14 校舎内に忘れ物をしました。

A.14 なるべく早めに初等部受付にご連絡下さい。ご郵送による返却は、着払いにて対応しております。尚、忘れ物はスクール終了後2週間保管致しますが、落とし主の申し出がない忘れ物については当校の責任にて処分させて頂きます。

 

· A reservation is required for class observations and school tours. Please contact our school ‘s receptionists in advance to arrange these visits.
· As administering medication to our students is defined as a “medical practice” under Japanese law, teachers and school staff are not able to give medicine to our students. Therefore, in principle, we are supposed not to keep any kinds of medicine at the school.
· If you are an overseas resident, please ensure your children are covered by overseas travel insurance. If your child / children do not have overseas travel insurance and your child / children are sick or injured during our STEAM Seasonal School, you will be responsible for your child / children’s medical expenses.

 

・学校や施設の見学は事前予約が必要になります。ご希望される方は、事前に各スクールにお問い合わせください。

・児童への投薬は法律の定める「医療行為」になる為、講師やスタッフはお子様への 投薬を行うことが出来ません。 従って、原則としてスクールでは薬をお預かりしないことになっております。

・海外から参加される方は、海外旅行保険にご加入ください。(任意)もし海外旅行保険にご加入せず、当校のSTEAM Seasonal Schoolに参加中に病気やケガなどをされた場合の医療費は自己負担になります。

 

ローラス初等部 TEL : 03-6722-6310   primary@laurus-school.com

FBR Mita Bldg. 4-1-27 Mita, Minato-ku, Tokyo 108-0073

 

【Laurus Student 内部生】

【Non-Laurus Student 外部生】

 

*Payment must be received within two weeks of registration.

※お申し込み後、2週間以内にご入金をお願いいたします。

 

ローラスでの感染症対策について、下記の通り行っております。また、保護者の皆様にもご理解とご協力をお願いいたします。

 

・毎日全スタッフ、全児童の検温をおこないます。

・スタッフは全員マスクを着用します。

・児童のマスク着用を奨励します。

・遊んだ後や食事前には丁寧に手を洗います。

・テーブル、椅子をこまめに消毒します。

・ドアノブや手すり、壁、スイッチをこまめに消毒します。

・トイレをこまめに消毒します。

・窓を開放し常に換気をおこないます。

・横一列に距離を保って並ぶ等、接触/飛沫感染の予防に努めます。

・スクールバス内をこまめに消毒します。

・スクールバス運行中は、運転席/スタッフ席横の窓を開け換気をおこないます。

 

保護者の皆様へお願い

*ご家庭での検温、お子様のマスク着用へのご協力をお願いいたします。

*お子様に37.5℃以上の発熱症状ある場合、また咳など風邪症状がある場合は登校をお控えください。解熱後24時間経って症状に異常がなくなってからの登校をお願いします。

*スクールでお子様の体調変化が起きた場合、直ぐご連絡しますので迅速なお迎えをお願いいたします。

*保護者様へのリスクを回避するためにもご連絡は対面ではなく、メールや電話でのやり取りを推奨させていただきます。

*発熱症状がある等体調が優れない方の来校はお断りいたします。

 

海外からご帰国されて参加をされる方へのお願い

*海外からご帰国後2週間以上経ってからの参加をお願いします。

 

コロナウイルス感染症に関連したお願い

*新型コロナウイルスに感染し、治癒後4週間以上経ってからの参加をお願いします。

*ご家族に濃厚接触者の方がいる場合は参加をお控えください。

 

上記理由による締め切り後、当日キャンセルの返金は承っておりません。あらかじめご了承ください。

 

●STEAM Summer Camp for Preschool and Kindergarten aged students

●STEAM Summer Camp プリスクール、キンダーガーテンのお子様対象

 

 

CONTACT

Please feel free to contact us if you have any questions about enrollment, taking a school tour, or applying for a trial lesson.